MyInk
MyInk
¥18,300(税抜)
 (税込:¥19,764)

MyInk の機能

基本原理と構成

ソフトウェア機能一覧

製品仕様

ダウンロード/パッケージ内容


電子ペーパー
手書き文字認識 タブレット

Write2Go

手書き文字認識 タブレット

EZ Handwriter
Handwriting Tablet -YoYo
Handwriting Tablet -Lohas

手書きノート認識デジタルペン

MyInk

手書きノートデジタルペン
MyInk
NEXX library # NMIK-410

専用アプリ「WorldNote」とレシーバーで、
ペンでノートに書いた内容を PC、iPhone、iPadに取り込めます。

手書き文書をそのまま検索できる高い「文字認識能力」により、
一般の文書ファイルと同等の基準で取り扱えるよう進化した
デジタルペン第2世代バージョンの誕生です!

「WorldNote」がデジタルノートを作成!
■ 取り込んだ文章を見やすくスタイリング
■ 手書き文字の正確な認識能力とインテリジェントな正誤補正
■ ノートごとに索引情報を付けて検索に活用

MyInk の機能
新しい電子文書の提案 – 「検索可能な手書き文書」
小型のMyInk専用ペンとレシーバーは合わせて45g。 手軽に持ち運べ、レシーバーを電源ONにするだけで準備完了。どんな紙にもレシーバーをクリップして文字を書くだけ。会議のメモ、思いついたアイデア、電話中に書いたメモなどを、普段紙に書いている通りに書けば、次々と電子画像化されます。しかもファイルの保存が終わるまでは、書いた紙がバックアップとして存在するのでとても安心。

レシーバーに記録された筆跡を、Windows PCやiOSデバイスにアップロードすれば「ノート」として電子ファイルが誕生。専用アプリケーション MyNote の機能を使い、手書きページのレイアウトを、読みやすいページになるよう補正して形を整えます。

また、手書き文字を認識してテキストデータを生成。表・図・イラストなども最適の形状にデジタル化。認識データが手書きデータと同一のノートファイルに付加されるので、見かけが手書き文書でも、全文検索が可能なノートになります。ユーザーによるキーワードなどの索引情報の入力も可能な設計。手書き文書に効果的で高度な検索性が与えられます。

手書きメモをスタイリング補正、
読みやすく共有しやすい手書き文書に


WorldNoteの機能で、手書きのままで後から人と共有しても読みやすいスタイルに整えます。

(1)傾き補正や左寄せ整列、手書き文字を色分けで強調するなど、見やすくして、自分で活用するだけでなく、人に見せやすいレベルのハンドライティング表示にできる。

(2)手書きページに後からハンドライティングの追加貼付けも可能

(3)外部から画像データなどをインポートして貼りつけもできる。
したがって、手書きの文書のままでも、十分なコンテンツを自分の為に残せる、あるいは人に伝えられる充実したコンテンツをもった文書として、まとめることができます。

検索可能な手書き文書を作成

■ ハンドライティングの認識

(1)文字はテキスト化

(2)図はユーザーの選択仕様で直線、折れ線、多角形、フリーライティング、自動判断による最適化処理などの形にデジタルデータ化

(3)表は文字がテキスト化され、罫線部分は直線化

■ 認識後の効率的な修正作業

WorldNoteのテキスト編集画面で、手書き部分と、それに対応する認識されたテキストとが同時に表示され、しかも該当するハンドライティングの部分が赤いボックスで逐次ハイライトされるので、目をあちこちに振らなくても、簡単に正誤修正ができます。

また、認識を修正された文字は、次回同じ手書き文字に対しては、ユーザーの癖の記憶と正しいテキスト認識を行うインテリジェントな学習機能を搭載しているので、ユーザー固有の認識データベースが自己増殖的に蓄積し、修正作業が一過性でなく、無駄になりません。

■ 効果的な索引化作業と検索方法

(1)手書きノートファイルには、自動で付与されるメタデータ以外に、ノート名(ファイル名)、キーワード、サブタイトル(説明文)もユーザー入力ができ、本文のページ認識テキストとともに、WorldNoteのもつキーワード検索機能で簡単に探し出せます。

(2)また、ユーザーが登録したブックマークや、メタデータとして自動で記録される作成日時を使用し、WorldNote上で、ブックマークによるノートのフィルタリング、日時データによるソートメニューからの並べ変えもできます。

(3)同時に作った一連のノートページは、一つのノートブックファイルに結合され、マルチノートファイルとして名前がつけられて保存されます。各ノートブックは、WorldNote管理画面上で、サムネイルの色分けによる識別性、カテゴリー登録によるグループ化などが可能で、グループ単位での文書管理が可能です。

実用性の高いエクスポート先設定
- 他のPC/iOSデバイス上の利用や、配布・共有に


作成したノートは、PDF文書、WORD文書、またはJPEG画像文書としてエクスポートできます。

また、ノート形式のネイティブファイルのまま, 他のPCやiOSデバイス上のWorldNote上編集・管理ができるよう、メール添付やDropboxを 経由してエクスポートができます。

■ メニューからワンタッチで実行できるエクスポート先

(1)PCないしiOSデバイスのローカルに保存
(2)メーラー設定をしている既定のメールソフトからメール添付で送信。
(3)メニューからDropboxに同期、クラウド上に保存。 また、そのアカウントに同期している他のPCやiOS端末とデータを共有。

■ エクスポートデータの活用と検索

(1)PDF:手書きメモを保存・配布・共有する際に最も使用頻度が高いPDF形式でエクスポートするときは、ファイル名だけでなく、 ノートファイルに登録したサブタイトル、キーワードデータなどがそのままエクスポートされます(現時点では英語表記のみ)。これにより、改めて索引付けしなくても、PDF化された文書やメモが、ノート作成時に登録したキーワードでそのまま検索できる効率的な管理が可能です。

(2)WORD: 手書きデータから、既にテキスト化処理と修正作業が済んだファイルをWORDにエクスポートする通常の目的は、正規の書式での報告書や案内文の制作になります。 エクスポートにより、ノート上でデジタル化されている表や図形、イラストなども一緒にエクスポートされるので、最小の労力で、WORD上で、ドラフトを最終版のプロフェッショナルなレイアウトに完成させることができます。当然WORD上では既にテキスト表示されているので、Windows上や文書管理システム上での全文検索が可能です。

  MyInkのパッケージでは、このように、サーチブルなハンドライティング文書の生成と、WorldNote上での検索性だけでなく、エクスポート後の外部システム上での文書検索性もサポートされるよう設計されています。
  紙に書かれたメモや文書は、WorldNoteでの電子ファイル化のプロセスでバックアップの役割を終了後、安心して適切な整理と処分を行うことができます。エコで効率の高いインフォメーション管理をMyInkがサポートします。

iPad 版アプリ
NoteLedge HD
(おまけソフト)

iPad専用、写真やテキストの簡単な追加/編集
好みの筆跡スタイルでグラフィカルな資料作成


マルチメディア編集機能で簡単に写真やテキストを追加・編集できます。また、ペンの色や太さ等お好みのペンスタイルを選択でき、WEB、会議資料、レシピの表など、目的にあったデザインが可能です。

クラウドストレージにバックアップ

クラウドストレージ、Facebook、Twitter、Blog などに簡単操作でバックアップができます。


※MyInk はPENPOWER社の登録商標です。
※本書に記載されている製品名は、一般的に各社の商標または登録商標です。
※本書の内容の一部または全部を無断転載することを固くお断りします。
※製品のデザイン、仕様は予告なく変更、改良することがありますので、ご了承ください。


MyInk の機能 基本原理と構成 ソフトウェア機能一覧 製品仕様 ダウンロード/
パッケージ内容